肘 水がたまる 痛い

肘に水がたまることがありますが痛いなら水をとってもらおう

スポンサーリンク

肘を強打するなどした際に、炎症が起きて冷やすために水がたまることがあります。
動かしてみたら痛いとなれば、それだけ肘に負担をかけていることになります。
水がたまる状態になっていて、痛いならば一度ぬくことが必要です。
病院に行けば、注射を使ってとってもらえます。
ただし、水がたまるからといって必ずぬかなければいけないわけではありません。
痛い状態ならばやらなければいけませんが、動かしても問題ないならば肘に負担をかけないように生活していけば改善することは可能です。
あくまでも、水がたまるのも体を治そうとしているからおきているので、なんでもかんでもぬけばいいというものではないです。
水がたまる原因としては、軟骨がすり減り治りが悪くなっているからです。
そのため多くの水をだして肘を守っています。
姿勢などの改善も必要ですが、軟骨が再生しやすいように必要な栄養素を摂取することも重要です。
気になるのであれば、できるだけ早く病院で診てもらうとよいです。

スポンサーリンク

病院に行けば、レントゲンを撮るなどして肘の状態を確認します。
痛いならば、その時に言っておけば適切に対応してもらえます。
症状によりますが、ひどくなければ水をぬく必要はないです。
スポーツなどで肘に負担をかけているならば、そのことも伝えておくことです。
できる限り、多くの情報をきちんと話しておけば早く治りやすくなります。
軟骨がへってしまうとおこりやすくなるので、スポーツだけではなく老化によっても水がたまるということがおこりえます。
つまり、年齢に関係なくおきますが痛いとなれば、負荷が大きいといえます。
きちんと動くかどうかも重要になります。
動きが悪くなっているということは、それだけ日常生活にも支障をきたしている可能性が高いです。
関節は、使いすぎてしまうと様々な影響が出てきやすいです。
痛いだけではなくしびれるなど、他の症状も出た時は医師と相談して治療方法を決めるとよいです。
知らず知らずのうちに、体に負担をかけていることも多いので姿勢などを見直してみることです。

スポンサーリンク