テニス 肘痛 原因 治し方

テニスによる肘痛の原因と治し方

スポンサーリンク

指関節は細かな動作を行うことで有名ですが、2つの骨によって構成される顆上関節になっています。
顆上関節というのは、屈伸運動が主体なので、本当はそれほど複雑な動作をしているのではないのです。
これに対して肘関節は、3つの骨で構成されているために、関節も3つ存在しています。
そのため肘関節の動きというのは、指関節よりも複雑な動きをすることが可能なのです。
複雑な動きが可能であるということは、そのぶん色々な損傷を、起こし得るということでもあります。
そうした肘関節の損傷のなかでも、テニスによる肘痛はとくに有名です。
テニスによる肘痛は、テニス肘と言われていて、肘関節の外側に発生します。
このテニス肘は、損傷している肘関節を動かしても、それほど肘痛が増強することはありません。
これに対して手関節や指関節を動かすと、肘痛が増強するのです。
手関節や指関節を動かして痛みが増強するのは、前腕の伸筋群が関与しているためです。

スポンサーリンク

前腕の伸筋群は、末梢では手根骨や手指骨などに付着しますが、中枢では上腕骨外側上窩に付着します。
そのため前腕の伸筋群が収縮すると、上腕骨外側上窩の部分に、牽引力が働くようになるのです。
牽引力が働くと、その部分の腱が微細な損傷を受けて、炎症を起こして肘痛が発生します。
とくにバックハンドでストロークをすると、手関節を伸展する大きな力が働きます。
それをテニスでは何度も繰り返すことが多いので、テニス肘は発生することが多いのです。
このような仕組みでテニス肘は発生するので、治し方はこの仕組みを理解していれば可能になります。
すなわち原因となるバックハンドを少なくすることが、治し方としては最も大切です。
しかしテニスでバックハンドを少なくすることは、困難なケースもあります。
そうしたときには、両手打ちをすることや体幹の回旋を利用すると、負担を軽減することが可能です。
またテニス肘バンドを利用して、前腕の伸筋群による牽引力を、軽減することも有効な治し方です。

スポンサーリンク