肘 痛み チクチク

肘のチクチクとした痛みについて

スポンサーリンク

肘が痛いというときには、たくさんの原因が考えられるようになっています。
重いものを持ったりたくさん使いすぎたというようなことが考えられていますが、一般的に考えられているのは、テニス肘がゴルフ肘となっています。
これによって腕がダメージを受けたことが原因となっていますが、繰り返しスポーツを行ったり、スポーツを行っていない場合でも、電気が走ったようなチクチクとした痛みを感じることがあります。
このようなチクチクとした痛みを感じる場合には、尺骨神経症の可能性があります。
このような肘の痛みに関しては、数日経過すると治るというものから、いつまで経っても痛みがなくならないというものまでさまざまです。
そのなかで何ヶ月も症状が続くという場合には、病院を受診するようにします。
尺骨神経痛に関しては、特別な治療が行われているということはありません。
基本的には安静にして回復を待つというような保存療法が一般的となっています。

スポンサーリンク

尺骨神経痛とはどのような特徴があるのかというと、チクチクとした痛みを感じるようになっていますが、これは肘の内側の尺骨神経といわれるところが慢性的に圧迫されることが原因となっています。
麻痺が進行すると、腕だけではなく指のしびれを感じることもあります。
またそのまま放っておくと変形をしてしまうこともあります。
治療方法としては保存療法が基本となっていますが、この方法でも改善することがない場合には、尺骨神経を圧迫している原因を取り除くために外科手術が行われることがあります。
すなわち神経を圧迫している靱帯を切断したり、ガングリオンの切除が行われています。
尺骨神経の緊張が高くなっているというような場合もあります。
その際には骨を削るということが行われています。
神経を前方に移動させるという手術も行われています。
チクチクとした痛みが続く場合には、外科手術が必要になることもあるので、早めに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク