肘の痛み 病院 何科

肘の痛みは病院の何科を受診するべきか

スポンサーリンク

肘の痛みが出たらまず病院の何科へ行けばいいのかということですが、とりあえずは整形外科へ行くべきです。
症状をすぐに取り除きたいがためにすぐに整骨院やマッサージ店などに行きたくなる人もいるとは思いますが、まずは肘の痛みがある部位のレントゲンを撮ってもらって骨や靭帯に異常がないかを調べてもらった方がいいと思います。
原因が分かっていた方がより的確な治療が可能になるからです。
最初は家の近くにあるような小さな整形外科の病院でも大丈夫だと思います。
症状が出始めた時期やきっかけなどを先生に話すとより詳細に肘の状態を見てもらえます。
だいたいはここで原因がはっきりするのですが、それでも具体的な原因が分からなければMRIやCTが撮れるような大きめの病院を紹介してもらうとよいです。
なら最初から大きな病院へ行けばいいのではと思う方もいるとは思いますが、よほどの緊急性がない限りは予約を取らないと撮ってももらえないので基本的にはこの順番で病院に行くことになると思います。

スポンサーリンク

検査をしてもらって肘の痛みの原因がはっきりと分かったらそこから治療開始です。
基本的には整形外科のなかにある施設で理学療法士さんの指示を受けながらリハビリテーションを行うことになると思います。
医療機器を用いた簡単な治療や再発を予防するための体操などが主な内容です。
症状が緩和するまで通院をしてこれを続けることになります。
また、この肘の痛みは周辺の筋肉が緊張をして固くなり、血行が悪くなっていることが原因の場合も多いので、そういう場合は鍼灸やマッサージなどの東洋医学的なアプローチでこの緊張をほぐしてもらうことも効果的です。
リハビリテーションを続けてはいるけれどなかなか思ったような効果が感じられない、といった場合はこのような治療方法も選択肢の一つとして考えてみるとよいと思います。
肘の痛みは頻繁に出るものではないのでいざなってみると何科を受診すればいいのか迷うと思います。
前述したように整形外科へ行くことが確実ですが、お近くにない場合はかかりつけの病院へ行ってそこで次に何科を受診すればいいのか指示を仰いでもいいと思います。

スポンサーリンク