肘 骨 出っ張り 痛い

肘の骨の出っ張りが痛いときには

スポンサーリンク

肘の痛みを感じることがあります。
とくに普段の生活の中でよく動かす部分となっているので、何らかの衝撃が加わって痛みを感じることもあれば、スポーツなどの激しい運動が負担となって痛みが発生することもあります。
この中で肘の痛みに関しては、痛む場所によって原因が異なっています。
その内科で骨の出っ張りの部分が痛いと感じることがあります。
ここには次のような原因が考えられています。
テニス肘といわれていますが、その名前の通りテニスでサーブを打ったりフォアハンドのレシーブを打つということが原因となっていることが多いです。
しかし必ずしもスポーツをしている人だけが骨の出っ張りが痛いと感じることではありません。
普段の何気ない動作を継続することでも、肘に大きな負担をかけていることになります。
その代表的なものがパソコンになります。
パソコンではマウスやキーボードを使って手首をたくさん使うようになっています。
この継続的な動きが負担となっているのです。

スポンサーリンク

肘の骨の出っ張りが痛いと感じたときには、しっかりと対処をする必要があります。
専門的な知識がなければ自己判断をすることが非常に危険となっています。
普段の生活の中でかならず使う部分となっているので、異常を感じたときには病院を受診するようにします。
この時には整形外科を受診し、レントゲンで原因を探ってもらうようにします。
また症状が軽いという場合には、痛みを引き起こしていると考えられている動作を控えるようにします。
しかし仕事でパソコンを使っているというような人はなかなか安静にすることが難しくなっています。
その際に効果的なのがサポーターの使用です。
これによってある程度動作を制限することができます。
安静にすることで数日後には炎症が治まってきます。
肘の痛みを発生しにくくするためには、筋肉の柔軟性が必要となります。
したがって普段から筋肉をほぐすような軽い運動を心がけることが大切になります。
また適度に休養を取ることも必要です。

スポンサーリンク