肘の痛み 内側 骨

内側の肘の痛みや骨について

スポンサーリンク

内側の肘の痛みがあったり骨に痛みがあるという経験をしたことがある人がいます。
ここは毎日動かす部分となっているので、これらの症状がストレスになってしまうという人も少なくありません。
ここで考えなければいけないのは、どのような動きをしたときに内側の肘の痛みや骨の痛みが発生するのかということです。
原因はどこにあるのかをしっかりと把握することで、対処法や治し方を選択することができます。
痛む場所によっては原因や対処法が異なってくるというのを頭に入れておきます。
指や手を動かしていないときはとくに痛みを感じることがなくても、何かの瞬間に肘の痛みを感じてしまうということがあります。
それが骨の部分であったり内側であったりと部位によっても違いがあります。
そこで肘の痛みには次のような原因が考えられています。
それは関節に付いている筋肉や靱帯が炎症を引き起こしているということや、血液の流れが悪くなって神経を圧迫し、骨同士がぶつかっているということが考えられます。

スポンサーリンク

そのなかで肘の痛みの種類で内側の骨を中心に痛みが発生するものが、上腕骨内側上顆炎となっています。
これはこの部分と反対側の部分が出っ張っている場所となっています。
ゴルフ肘と呼ばれることもありますが、とくにゴルフをやっているという人に多く見られるようになっています。
手首を動かしたときに肘が痛くなるという症状がありますが、どのような動きをしたときに痛みを感じるようになっているのかというと、ドアノブを回すときが多くなっています。
このように手首をひねったときに痛みを感じることが多いようです。
手首をひねるような動作をするときに症状が出るようになっているので、指や手首をただ動かすというよりは痛みを感じることが少なくなっています。
しかしゴルフを頻繁に行うという人は注意が必要になります。
このように肘が痛む鳴る場所によって病名が異なっており、指や手首の動かし方の違いによっても痛みを感じる症状が異なっています。

スポンサーリンク