肘 痛み ズキズキ

肘のズキズキとした痛みについて

スポンサーリンク

肘は人間の体の中でもよく動かす部分となっています。
しかしここを伸ばすと激しいズキズキとしたような痛みを感じたり、ものを持ったり腕をひねることで痛みを感じるという場合に考えられるのは、テニス肘やゴルフ肘になっている可能性があります。
しかし必ずしもこれらのスポーツをしている人が症状を訴えるというものではありません。
引っ越し作業や片付け作業などで重いものを運んだり、介護や育児などで人の体を支えるというような動作をしている人にも見られる症状となっています。
すなわち腕や肘を使いすぎることで症状が現れるようになっています。
症状がひどくなってくると、何もしなくてもズキズキとした痛みを感じるようになります。
そして炎症を引き起こし最終的には家事をすることができなくなったりパソコンを使うことができないというような、日常生活に支障を来してしまうことがあります。
症状が重くなってしまうと治療にも時間が必要になります。

スポンサーリンク

したがって放っておけばよくなると安易に考えずに、早めに病院を受診するようにします。
腕や肘を動かさなくてもズキズキとした痛みがあるというような場合には、応急処置として患部を冷やすことが必要になります。
患部を冷やすことで炎症を抑えることができますが、この時にマッサージは決して行わないようにします。
それは痛みや炎症を悪化させてしまう可能性があるからです。
貼り薬などが販売されているので、これを使っては前に病院を受診するようにします。
病院では何科を受診すればいいのかというと、整形外科となります。
このほかには接骨院や鍼灸院などを受診するようにします。
整形外科ではどのような診察が行われるようになっているのかというと、まずレントゲンで骨に異常がないかを確認します。
その後で注射による投薬を行ったりリハビリが行われるようになっています。
接骨院では超音波治療や施術師による治療が行われるようになっています。
鍼灸院での針治療も効果が期待できます。

スポンサーリンク