肘 内側 痛み 曲げる

肘を曲げると内側に痛みを感じる原因とは

スポンサーリンク

肘を曲げると内側に痛みを感じると言った症状の多くは、一般的に野球肘やテニス肘と呼ばれています。
この症状は主にスポーツを日常的に行っている方に多く見られるので、このような名前がついていますが最近では特にスポーツを行っていない方でも症状が発生するケースが増えています。
多くの方が骨や関節に異常があると考えていますが、実際には筋肉に問題があるとされています。
肘を曲げる時に内側に痛みを感じる事が多いので多くの方が関節や骨の異常だと考え医師の診察を受けますが、その様な場合には多くの医師が筋肉の硬直を原因だと判断する様になっています。
また最近ではインターネットの発達に伴い、長時間モニターに向かって作業する方が多くなっています。
基本的に長時間同じ姿勢を続ける事は体に大きな負担になりますし、キーボードを叩く際には手首や肘に負担となっている事が多くなります。
なのでここ数年で、特にスポーツを行っていなくても曲げると内側に痛みを感じると言った症状を訴える方が多くなっています。

スポンサーリンク

一般的に投薬や手術などが必要になるケースは少なくなっています。
と言うのも筋肉の硬直が原因なので、その硬直を解す事で症状が改善するからになります。
レントゲンを撮っても骨や関節に異常が見られない、お風呂に入った後などには痛みが緩和されるなどのケースはほぼ100パーセント筋肉が原因とされています。
なので治療法として鍼やマッサージなどが主になります。
また電気を流して筋肉を解す方法もありますし、ツボ押しなども効果が期待できるとされています。
なおいずれの場合も、個人で行う事は避けるべきだとされています。
電気治療や鍼治療は個人では行う事は難しいのですが、マッサージやツボ押しなどは個人で簡単にできてしまいます。
しかし自己判断で患部を触ることは症状の悪化を招いたり、場合によっては大きな後遺症が残ってしまう可能性があります。
したがって軽度の痛みであっても医師の診察を受けて、適切な対応をする事が求められると言えます。

スポンサーリンク