弓道 肘 痛み

弓道によって生じる肘の痛みについて

スポンサーリンク

日本の伝統的なスポーツとして弓道を行う方がいらっしゃいます。
小学生や中学生での競技人口は少ないと言えますが、高校や大学になると弓道部なども多くなりますので始める方も増えるとされています。
また最近では、テレビなどのメディアに取り上げられる事もあり、精神統一や集中力を養う為に社会人になってから始める方も多くなっているとされています。
このように弓道を始める方は増えているのですが、それに伴い肘に痛みを感じる方が多くなっています。
特に初心者の方は、最初は肘に感じていた痛みが腕全体に広がってしまう事があります。
こうなってしまうと段々と腕に力が入らなくなり、思わぬ怪我をしたり大きな後遺症を残したりする可能性がありますのでできるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。
基本的に、体に生じた異変などは自己判断してはいけないとされています。
なので自分で対したことはないと決めつけずに、専門家である医師に判断してもらう事が重要になります。

スポンサーリンク

一般的に肘の痛みに対する治療法としては、腕を固定する事が多くなります。
動かすと痛みを感じる場合が多いので、可能な限り動かさないようにするために固定されます。
なお腕を固定してしまうと動きが制限されてしまいますので、日常生活において不便が生じます。
しかし余計な力がかかったり負担がかからないようにする事は、非常に大きなメリットになりますので治療法として高い効果を発揮するとされています。
また弓道は弓を使うことが特徴になっています。
この弓は腕全体に負荷がかかりやすい構造になっていますので、事前にストレッチを行う事が重要なポイントになります。
このストレッチには様々な種類があり自分一人で簡単に行えるものから、複数人で協力して行うものもあります。
なので自分の環境や周囲の状況によっては使い分ける事が推奨されています。
ストレッチを行う事で、筋肉の硬直を防止したり、怪我の可能性を大きく低下させる事が可能になります。

スポンサーリンク