肘が痛い 症状 原因 治療法

肘が痛い、その症状と原因、治療法

スポンサーリンク

長時間のパソコン作業は避けた方が良いとはいえ、仕事などでパソコンを使う人はそうもいかないのが現状でしょう。そこでまず、普段からパソコンの作業が多い人は、パソコン環境を見直すことをおすすめします。以下の点を参考にみてください。

 

・腕に負担がかかりにくいマウスやキーボードに変える
たとえばマウスに関してだと、真上から握るのではなく少し横向きにして握るタイプなど、マウスもキーボードも様々な商品が販売されています。ちょっとした角度の違いだと思われるかもしれませんが、これだけでも手首は楽になるそうです。また最近では、スペースキーやエンターキーを足のペダルで行うというものまであります。

 

・パームレストなどの付属品を使用する
パームレストとは、手首用の枕みたいなものです。これを使用することで、手首の反りが緩和されて負担を減らすことができるようです。お手ごろな値段で売られているそうなので、マウスやキーボードを買い替えるよりは取っ付きやすいのではないでしょうか。

 

・マウスではなくタッチパッドを使用する
タッチパッドとは、ノートパソコンにある指を滑らせて操作する機能のことです。マウスを使わずに済むので、その分の負担を減らすことができるでしょう。

 

・クリック操作ではなくショートカットキーを使用する
ショートカットキーとは、よく時間短縮で使われている操作です。たとえば、コピーは「Ctrl+C」、貼り付けは「Ctrl+V」などです。とても便利な上、マウス操作を減らすことができます。

スポンサーリンク

 

【保存療法】
上腕骨外上顆炎の保存療法をしては、以下のものがあげられます。

 

・手首や指のストレッチ
・湿布や外用薬の使用
・局所麻酔薬やステロイドホルモンの注射
・テニス肘用バンドの装着

 

できるだけ負担がかかるような動作は避け、手を休めるようにしましょう。

 

また、冷やすべきか温めるべきかで迷うこともあるかと思います。たとえばテニスなどが原因で起こった急性の強い痛みに対しては冷やし、そうではなく慢性痛になっている場合は、周辺組織の緊張をほぐして血流を促すために温めると良いでしょう。

 

【手術療法】
保存療法が効かない場合には、以下の手術療法を行うこともあるそうです。

 

・筋膜切開術
・切除術
・前進術
・肘関節鏡視下手術など

スポンサーリンク