テニス肘 上腕骨外側上顆炎

テニス肘とは上腕骨外側上顆炎といいます

スポンサーリンク

俗に「テニス肘」といわれる炎症は、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といいます。、腕の筋肉や腱、そして腱と骨の付着部の慢性炎症のことなのですが、実はパソコン作業が原因でも起こることがあるのだそうです

 

30歳代〜50歳代の人に多く、物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みを感じます。手首や肩の方にまで痛みが放散することもあるそうです。多くの場合、安静時に痛みはないと言われています。

 

上腕骨外上顆炎は、一般的には年齢とともに肘の腱がいたんで起こると言われています。人間の身体は、手や足首を曲げる筋肉よりも伸ばす筋肉の方が弱いため、手や足首を伸ばすことは比較的負担がかかりやすいのだそうです。

 

病態や原因については十分には分かっていないようですが、主に手首を伸ばす働きを持つ、短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)の起始部が肘外側で障害されて生じるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

テニス肘と呼ばれているだけあって、中年以降の方がテニスをして腱を痛めてしまうことが多いようです。

 

上腕骨外上顆炎かどうかを診断するには、簡単なテストを行うそうです。以下の3つの検査が一般に用いられています。すべての検査で肘外側から前腕にかけての痛みを感じたら、上腕骨外上顆炎だと診断されるようです。

 

(1)Thomsenテスト
まず腕は伸ばした状態で、自分は手首を伸ばす方向に力を入れ、逆に他者からは手首を曲げる方向に力を加えてもらう。

 

(2)Chairテスト
肘を伸ばしたままの状態で、片手で椅子などを持ち上げる。

 

(3)中指伸展テスト
自分は腕を伸ばした状態で、他者から中指だけを上から押してもらい、それに抵抗して中指を伸ばす方向に力を入れる。

スポンサーリンク