肘 カサカサ 痛い

肘がカサカサで痛い場合は

スポンサーリンク

視界に入ることも少なくて普段あまり気にすることもない肘ですが、皮膚の中でも薄くてデリケートな部分であるために、乾燥してカサカサになり、痛いと感じたり黒ずみや色むらなどのトラブルが発生することもあります。
もともと肘は皮脂腺が少ないために乾燥しやすいところですが、さらに頬杖をついたりすることで負担と刺激を与えやすいために、そういったものから身体を守ろうとして自然に皮膚が厚くて硬くなり、余計に乾燥して潤わなくなってしまいます。
そのために角質化してしまい、カサカサしたり黒ずむといった肌トラブルや、乾燥して肌が荒れれば痛いと感じることもありますし、服なども引っかかって余計に痛い思いをする羽目になってしまいます。
このようにならないためにも、目につきにくいのでつい忘れがちですが、肘のスキンケアは膝やかかと同様に肌の中でも重要だと言えます。
そのためにもまずは日常生活の中で肘をできるだけつかないようにするなど、簡単な予防方法から実行すると良いでしょう。

スポンサーリンク

症状が出る前ならば予防も可能ですが、すでに肘がカサカサになってしまった場合は、まずは改善のために角質化してしまった肌のケアから開始しましょう。
乾燥しているならクリームなどを使用すれば良いと思われがちですが、すでに角質化してしまっている場合は、クリームをどんなに塗っても効果は期待できません。
そこで角質を柔らかくするためにお湯に浸かり、柔らかくなったところで余計な成分の含まれていない石鹸や洗顔料で優しくマッサージをします。
ここで注意しておきたいことは、角質を取り除くために軽石やナイロンタオルなどで強くごしごしこすることは避けるということです。
このようにしてしまうと余計に肌を傷つけてしまうため、角質がさらに分厚くなってしまい、逆効果になります。
そしてマッサージの後は化粧水やローションなどでたっぷり水分を与え、その後にクリームやオイルなどを利用し、しっかり潤いを閉じ込めるようにしましょう。
ちなみにクリームは乾燥肌用のものがお勧めです。

スポンサーリンク